スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 「ハゲタカ」

企業買収の裏側を深くえぐった小説「ハゲタカ」シリーズの映画版。

このハゲタカシリーズの舞台はバブル崩壊後の景気悪化に苦しむ日本経済。
外資系買収ファンドが日本企業を買い叩いていった状況を、架空の設定で表現しているのだが、
現実の世界での企業が容易に推察できるリアルさももっている。


設定もさることながら、取引の駆け引き、状況の変化、複雑に絡みあう利害関係者の心情を詳細に描くことで企業買収の最前線の熱気と緊迫感が伝わってきます。

イメージが先行して、わかりやすい善悪二元論と考えられがちだが、複雑な人間の心情描写こそがこの作品の醍醐味と言えるのではないでしょうか。


さて、前置きがながくなりましたが、
この映画版はドラマ版の数年後。


かつて外資系買収ファンドの日本拠点代表として日本企業を次々と買収した伝説のハゲタカこと鷲津政彦。

対するは中国の政府系ファンドから送り込まれた日本育ちの中国人、赤いハゲタカこと劉一華。

この二者が日本の老舗自動車メーカーを巡り、買収合戦を繰り広げる本作品の見所は、ストーリーが進むにつれて二人の過去が徐々に明らかになっていくその描写過程。

気づいたらぐいぐい引き込まれていた。

特に劉一華の金に対する姿勢、震えますよね。

【ネタばれ】

企業買収の裏側を深くえぐった小説「ハゲタカ」シリーズの映画版。

このハゲタカシリーズの舞台はバブル崩壊後の景気悪化に苦しむ日本経済。
外資系買収ファンドが日本企業を買い叩いていった状況を、架空の設定で表現しているのだが、
現実の世界での企業が容易に推察できるリアルさももっている。


設定もさることながら、取引の駆け引き、状況の変化、複雑に絡みあう利害関係者の心情を詳細に描くことで企業買収の最前線の熱気と緊迫感が伝わってきます。

イメージが先行して、わかりやすい善悪二元論と考えられがちだが、複雑な人間の心情描写こそがこの作品の醍醐味と言えるのではないでしょうか。


さて、前置きがながくなりましたが、
この映画版はドラマ版の数年後。


かつて外資系買収ファンドの日本拠点代表として日本企業を次々と買収した伝説のハゲタカこと鷲津政彦。

対するは中国の政府系ファンドから送り込まれた日本育ちの中国人、赤いハゲタカこと劉一華。

この二者が日本の老舗自動車メーカーを巡り、買収合戦を繰り広げる本作品の見所は、ストーリーが進むにつれて二人の過去が徐々に明らかになっていくその描写過程。

気づいたらぐいぐい引き込まれていた。

特に劉一華の金に対する姿勢、震えますよね。



映画 ハゲタカ(2枚組) [DVD]
東宝 (2010-01-15)
売り上げランキング: 269
おすすめ度の平均: 5.0
5 祝本格的資本主義描写映画到来
4 難しい・・・・
5 何度も観ます!!
5 今年の代表作!
5 期待以上の面白さ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

れべべん

Author:れべべん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。