スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【今更シリーズ】 梅田望夫とか

今更ながらWeb2.0について書きます。
昔読んだ本の記憶なので間違っているかもしれませんが。


まず大ヒットとなった「ウェブ進化論」


ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる (ちくま新書)
梅田 望夫
筑摩書房
売り上げランキング: 5507
おすすめ度の平均: 4.5
5 興奮した
5 Webの誕生と進化の本質
4 新たな知的生産活動を身につけるとき
4 面白い
5 本当の変化が始まるのだろうか。




オープンスースとかグーグルを礼賛する内容で、
当時アメリカで起こっていたWebの動きを馴染みのない人にも
読みやすく書かれていました。

情報の置き場の変化を、”こっち側”と”あっち側”と言う言葉を使って
”こっち側”から”あっち側”に移動している、と言っていたのを良く覚えています。
まあ、クライアントとサーバのことですね。

あと、アメリカが最先端だが、数年後にも日本で同じことが起きる、
と述べていますが、これはどうでしょう。

たしかに、SNSやミニブログは日本でも流行り、
技術的には追随をしていても、
そこはやはり日本、ユーザ側の意識というのはアメリカとは当然違います。
実情報をSNSで晒すこともなければ、若者を中心にSNSの主戦場がケータイになっていたり。
2ch臭さを存分に出してるニコニコ動画や、レシピ検索のクックパッドなんかはユニークですね。


でも良く思うんですけど、ネットの世界って当然ネットを良く使える人の発言力が大きくなるので、
実世界との乖離が大きい傾向にあるなと。
だからネットの世界で活躍している人の意見を鵜呑みにして
現実世界で偉そうに語ると、
何言ってんの?w ってなっちゃうんですよね。

確かにネットはいいですけど。


ところでこの著書の梅田望夫氏、
当時本が大ヒットして話題を集め、
立て続けに新書で5冊ほど同じような本を書いてました。

当然のようにいろんな人からたくさん叩かれ、
その後は若者支援や将棋について細々と語ってるような印象ですが。
頭の固い大人に言っても無駄だから、
若くて柔軟な人たちだけにメッセージを発信しようって感じ何でしょうか。

http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20070317/p1


もう大衆に向けては語らないんですかね?

と思って調べてたら、そんなことを言ってる記事を発見
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0906/01/news045.html


そしてこれに対していろんな人が意見w


404 Blog Not Found
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51219908.html

切込隊長BLOG
http://kirik.tea-nifty.com/diary/2009/06/post-4e84.html

池田信夫ブログ
http://blog.goo.ne.jp/ikedanobuo/e/54f043773c73f9c44acde62c00573094


言行不一致だとか、言ってることに一貫性がないとか、言ってることが浅いとか
こんだけ言われちゃうとなんか同情しちゃいます。

梅田望夫とは関係ないですが、池田信夫が言っている以下の内容はリアルw

”長期雇用のもとでは、絶えず他人の噂話による「360度評価」にさらされるので、
ちょっとした失敗やトラブルがあると、そのreputationが数十年にわたって社内で積み重なり、
出世に大きく影響する。このシステムはモラルハザードを抑制する上では強力な効果を発揮するが、
上司を批判できず転職という逃げ場もないため、そのストレスが匿名による悪罵にはけ口を求めているのだ。”

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

れべべん

Author:れべべん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。