スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 「レスラー」

壮絶な映画です。

かつて全米No1レスラーとして活躍した男のその後の人生を追っていく中で展開していくストーリー
その中で、肉体の衰え、不安定な収入、当時の栄光と対峙しながら日々を生き抜いていかなければいけない中年レスラーの哀愁をミッキー・ロークが完璧に演じきっている。

心臓発作をきっかけに苦悩しながらの模索の中で一度は引退を決意し、スーパーの従業員として定職を得るも、不器用な男はリングの中でしか生きられないことを悟る。
病気より苦痛なのは外の現実だと言い放ち、再起をかける大試合へ挑むことから哀愁は吹っ飛び、凛とした空気に変わる。
クライマックスの大試合で、ファンが必要とする限りレスラーであり続けると強く宣言し、興奮は絶頂へ向かっていくのである。

何事も無常である。頂点に立ち続けることはありえない。
この映画は一度その人生において頂点を味わった者の本質を見事に表現している。

「映画の良さ」を実感できる心動かされる良作です。

t02200326_0510075510256187732.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

れべべん

Author:れべべん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。