スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ながら easy rider を観た

イージーライダー、観ました。

と、その前に、「easy rider」ってどういう意味?って思ったので、アメリカ人とイギリス人の友人に聞いてみました。

イギリス人の友人いわく「あまりいい意味ではないよ。アメリカの汚い言葉。」
とのこと。
含みを持たされたので、アメリカ人の友人に聞いたら
「すぐやらせてくれる女のこと。」
だって^^;
映画の「イージー・ライダー」はどの辺が「すぐやらせてくれる女なの?」って聞いたら、
「ああ、あれはニートとかヒッピーみたいな、働かずにブラブラしてたり、バイク乗りまわしたり、そういう人もeasy riderって言うよ。でも、普通にeasy riderっていえば、すぐやれる女だよ」
とのこと・・・(※1)。

この映画は二人のヒッピーがバイクに乗ってアメリカを放浪する話。まさにeasy riderが主人公の話。

さて、本題に戻って

映画「イージー・ライダー」、伝説的であるといわれる、1969年のアメリカ映画です。

ベトナム戦争、ヒッピー、マリファナ、バイク、バンダナ、コミューン、詩、自由、反体制、酒、などなど
当時を象徴するような記号はたくさん出てきます。

ただ、たとえば田中康夫の「なんとなく、クリスタル」で世相を反映する記号を意識的に並べ立てているけど、そこで用いられた表現方法が特にその後の文壇に影響を残さなかったのとは違って、この映画の表現方法はハリウッドをはじめとする映画の世界に深い影響、というか心の傷を残したのではないでしょうか。

確かに昔の映画ですが、非常に「新しい」です。

「さようならギャングたち」に感じるのと同じような意味での新しさを感じます。

映画の感想なのに小説のタイトルをいくつか出したのは、この映画、最初から最後まで、そして観終わった後の感覚まで何もかもがどことなく「小説っぽい」のです。

なんででしょうか、この感覚を言葉にするのは難しいのですが、もしかしたら「小説っぽい」というより、非エンタテイメントという意味で「純文学っぽい」のかもしれないです。

エンタテイメント性を重視するのであれば、話の展開、前後関係、脈絡、ラストへの収斂など、観る人間を不断に魅了し、リアルタイムの感動を与えないといけませんが、この映画では、ヒッピーのコミューンを訪問したり麻薬の取引をやったり野宿の間にリンチされたりというエピソードそれぞれに話の展開という観点でのつじつまはありません。

それらのエピソードを結びつけるものは「テーマ(=(この作品では)自由)」です。

そのため、非エンタテイメントな、純文学のような印象を受けたのかもしれません。

そういう意味で、小説が好きな人は楽しめると思います。

あと、当時の時代を感じたい人も。

BGMは当時の有名な歌、現代でもよく耳にする有名なロックがいろいろと流れるので、そういう点でも楽しめますよ。

イージー★ライダー [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2006-12-20)
売り上げランキング: 8511
おすすめ度の平均: 4.0
5 アメリカの自由とは何か
5 1969年のアメリカのスチール写真
5 犬死であること
5 最強
5 ヒッピー文化



※1.easy riderの意味について、も少し詳しく。

ALCのページで調べてみたら、以下の通り。
アメリカ人の友人が言った通りの内容でした。

■easy rider
 〈米俗〉性的満足感を与えてくれる人
 〈米俗〉気ままなにオートバイを走らせる人
 〈米俗〉ギター(guitar)
 〈米俗〉〔仕事をせずに〕のんびり生きている人
 〈米俗〉簡単に落とせそうな女

■Easy Rider
【映画】
 イージー・ライダー◆米1969《監督》デニス・ホッパー
 《出演》ピーター・フォンダ、デニス・ホッパー、ジャック・ニコルソン
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

れべべん

Author:れべべん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。